FC2ブログ
元新聞記者による辛口コラム・エッセー、イラストと写真です。ご意見ご感想をお気軽にお待ちしています。(記事・画像の無断転載と無断複製・配布を堅く禁じ、万一発見した場合しかるべき処置を取ります)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青パパイヤの北限栽培に成功/那珂市の栁沼正一さん/茨城県の名産品ブランド化目指す/有機農法で土づくりにこだわる
 パパイヤ(一般には「パパイア」表記)といえば南国フルーツの甘いイメージを抱くが、とても栄養価が高く沖縄や東南アジアでは未完熟のものが野菜として広く消費されている。栽培が困難とされていた本県で無農薬・有機栽培で、土づくりにこだわった結果、苦労の末に青パパイヤの「北限栽培」に成功した人がいる。那珂市菅谷のやぎぬま農園「那珂パパイヤ」を経営する栁沼正一さん(60)だ。栁沼さんの青パパイヤづくりプロジェクトは農林水産省の「六次産業化総合事業計画」に認定され、国の後押しを受けて青パパイヤの栽培・加工・販売の一貫体制づくりに取り組んでいる。

 ●「那珂パパイヤ」ブランドで
 福島県出身の栁沼さんは、仕事で東南アジア・アフリカや沖縄に住んでいたことがあり、野菜としての青パパイヤの魅力に惹かれた。長く九州で青パパイヤ栽培の研究を重ね、霜の降りる土地での栽培方法を模索。縁あって大消費地の首都圏に近い本県に移り住み、那珂市で実践的な研究開発に励み、念願だった「北限のパパイヤ栽培」に成功した。
 この独自開発の青パパイヤを、栁沼さんは「那珂パパイヤ」と名付けて統一ブランド化し、栽培に挑戦する人たちには栽培方法などのノウハウを公開して普及させ「北限の青パパイヤ」として茨城県の新しい特産品を目指している。
 本来なら青パパイヤは通年で暖かい土地柄で栽培するのが合理的だが、青パパイヤに魅せられた栁沼さんは東北人気質なのか、持ち前の粘り強さで寒冷な土地柄でも品質の良い苗を植え、微生物などの力を借りて良質な土づくりと有機資材を大量投入し栽培することで、北限栽培地の本県において露地栽培でも有機農法によって優れた青パパイヤが収穫できることに成功した。食した人たちからは「とても味が良い」と評判が高い。
 ●春から秋にかけ6カ月の勝負
 栁沼さんは同所のパパイヤ農場で約1年間の試験栽培を経て、一昨年から本格的に1ヘクタールの面積で栽培を開始。3年目の今年は栽培面積を拡大し増産を目指す計画だ。「那珂パパイヤ」は比較的寒冷な気候の本州において露地栽培されるもので、春の遅霜を避け初冬の強い霜が降りるまでの短期間に、苗の定植から収穫までを行う。「本州、なかんずく関東地方での栽培は無理だ」として、これまで誰も挑んだ人はいなかったという。
 具体的には5月中旬に定植し10~11月に収穫。春から秋にかけての、わずか6カ月の勝負だが、栁沼さんは「初心者であっても私の指導に従って土づくりをきちんとやれば、それなりの収穫量を得られる」と力説。既に農業団体やメディアなどに注目され、今年は約150人が栽培の希望を伝えているという。課題とされる販路も県内や隣県などのスーパー4社が触手を伸ばしており、今年は約100店舗に拡大する予定だという。
 農園に併設された直売所には、青パパイアの加工品、千切り乾燥パパイア、肉や魚料理、野菜炒めなどいろいろなものに使える那珂パパイヤのタレや那珂パパイヤドレッシング、シロップなどが並んでいる。青パパイアを贅沢ににたっぷり使った加工品は、やぎぬま農園にしかないもので、各地の料理家やレストランでも静かな人気となっている。
 ●「夏にはパパイヤの木を茂らせたい」
 パパイヤづくりに挑戦するのは農家だけではない。鹿嶋市の障害者福祉施設でも「期待できる換金作物」として農業プロジェクトとして取り組むことを決め、メンバーら約10人が同農場訪れて「那珂パパイヤ」農園主の栁沼さんから直接、苗の植え方について実演指導を受けていた。
 栁沼さんは「寒冷地での青パパイヤ作りで一番大事なのは土壌づくり。普通の野菜や肥料と違い、かなり多くの肥料と菌が入っていることが成長の要件」などと分かり易く説明していた。
 参加メンバーらは多くが農業初体験だが、「夏には周囲が驚くようなパパイヤの木を生い茂らせ、たくさん収穫したい」と意欲を見せている。また、直売所で販売されている漬け物やドレッシング、生姜シロップなど加工品の多さに驚きながら、漬け物を試食してさらにビックリ。「とても美味しい。これなら野菜として十分いける」と口をそろえていた。
 プロジェクトリーダーの加勢釣(ひとし)さん(28)は「昨年夏に見学に訪れた時にはカルチャーショックを覚えた。畑一面に高さ2、3メートルもあるパパイヤ木が生い茂り、たわわに実が付いていて驚いた。その後、施設で取り組もうとなり、今回、実際に農場で栁沼さんから説明を聞き、とても勉強になった。いよいよ本格的に青パパイヤづくりに挑むわけで、期待と不安が入り混じっている」と話した。
 栁沼さんは「一般にはまだ馴染みのない青パパイヤを、いかにアピールしていくか。幸い県内外から高い関心がもたれ、取り組もうとする希望者が増えている」と手ごたえを示していた。

130523.jpg
福祉施設の農業プロジェクトメンバーに実演指導する栁沼正一さん(右端)

テーマ:ニュース・社会 - ジャンル:ニュース

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。