FC2ブログ
元新聞記者による辛口コラム・エッセー、イラストと写真です。ご意見ご感想をお気軽にお待ちしています。(記事・画像の無断転載と無断複製・配布を堅く禁じ、万一発見した場合しかるべき処置を取ります)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨上がりの夕暮れ時に写っている人影
 「あそこの池は真北を向いている」と知って、そのうち撮りに出かけようと温めておりましたところ、日中は雨でも天気予報では、まずまずの星空になるという予報を信じて出かけてまいりました。
 うっすらとした暗闇の中、懐中電灯を頼りに誰もいない公園に着いた時は、晴れていたので何とかなるだろうと準備を始めました。暗いのでカメラ設定は当然バルブモードです。ノイズを抑えるために固定30秒ごとのレリーズ撮影。三脚はブレ防止に持っている中で自重が一番の頑丈なものです。レンズは前もって無限大に合わせテープで固定しました。
 昼間の雨が残り地面は濡れたまま。木製のベンチもしっかり光っていましたが、そんな時は果物などのダンボール箱に入っている厚みのある発泡スチロールの出番です。弾力があり柔らかく、軽量で機材保護にもなるので重宝しています。いつもどうりベンチにそれを敷いてから撮影を開始しました。
 当初は600枚(5時間)の予定でしたが、予報に反して雨雲から小雨となり、仕方がないので200枚ほどで切り上げたのでした。帰り道の駐車場までの移動は真っ暗闇です。濡れた木造階段は特に滑りやすいので気を付けながら歩きました。
 さて帰宅後に確認した画像は、やはり期待した星の円周運動もまともに映らず空振りの結果になりました。見事に失敗ですが無駄な撮影とは思いません。その場所でのイメージを掴めただけでも良い経験になったと思うのです。
 ただ、現像した画像をよく見ると誰もいないはずの公園に人影らしきものがあるのに気づきました。一部は地面に座っているようにも、立ち姿のように見えるものもあります。バルブ撮影ですから当然動かないものは写りますが、濡れている地面に座る?暗闇の公園に明かりも持たない?
ん~、何なんでしょう。。。。

よく分からないので当分この場所、夜間に行くのは控えます(汗)

120920.jpg

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。